効率よく初段を目指す

【悩み解決】将棋がつまらないと感じてしまう理由3つと対策を解説

2021年4月5日

ゆーきゃん
アマチュア三段。将棋を辞めたいと思った時期も経て、楽しみ方が分かりました。
級位者さん
  • 好きで始めたはずの将棋が最近ツライ…
  • 気づいたら将棋でストレスが溜まっている...
  • 将棋が楽しくなくなった…

級位者さんのこんな悩みを解決できる記事です。

なぜなら上手くいかないことだらけで将棋を辞めようと本気で考えた僕が、記事の内容を実践して楽しめているからです。

まず将棋がつまらないと感じる理由3つを説明し、それぞれの対策方法を11にまとめました。

将棋を楽しむコツ上達方法についても触れています。

記事を読み終えると、将棋をつまらないと感じにくくなります。

将棋がつまらない理由3つ 

将棋がつまらない人

僕の経験や周りの人の声を聞くと、将棋がつまらなくなってしまうのは以下の理由が多いと感じます。

  • 思ったより負ける
  • 思ったより強くなれない
  • 周りの強い人が不親切

思った通りにいかないか環境が悪く、ストレスになってしまうということですね。

思ったより負ける

将棋をしていると、自分が思っている以上に勝てないもの。

同じ級や下の級の相手には負けたくないと思うのが自然ですが、現実的には全て勝てるわけではないですよね。

「俺の方が強いのに」と感じてしまったり、下の級に連敗して自分にイライラすることが僕もよくありました 苦笑

予期せぬ負けはつきものです。

マイナー戦法に思ったより負ける方は、下の記事をどうぞ。

将棋のマイナー戦法
【将棋】勝ちやすい!始めてのマイナー戦法おススメ3選と対策まで

ゆーきゃんアマチュア三段。マイナー戦法と数多く対局してきました。 級位者さん マイナー戦法を指すメリットは? マイナー戦法にはどんなものがある? マイナー戦法と戦うコツは? 級位者さんのこんな疑問を解 ...

続きを見る

思ったより強くなれない

頑張っているのに、級やレートが上がらない人も多いでしょう。

力がついていても、すぐには勝ちに繋がらないと僕は考えています。

1つ上の級の序盤力がついても中盤で悪くなり、中盤が良くなっても終盤で負ける。

棋力が上がっているのに、結果は全て「負け」になってしまいます。

思ったより達成率が上がらない方は、下の記事を見てください。

将棋ウォーズで壁を破る
将棋ウォーズ達成率の仕組みと20%以下の沼から脱出する方法を解説

ゆーきゃんアマチュア三段。苦しんだ末、将棋ウォーズで達成率を上げるコツが分かりました。 級位者さん 達成率が上がらなすぎてツラい… 達成率ってどんな仕組みで増減するの? 達成率を上げるには何をすればい ...

続きを見る

周りの強い人が不親切

自分より強い人が厳しいことだけ言っていると、落ち込むばかり。

棋力が下だと、相手の発言に反論しにくいですからね。

性格が優しい人でも、指導対局の後は相手の悪い部分だけ指摘してしまうこともあります。

将棋を教えるのは難しい印象です。

将棋がつまらない原因への対策

将棋のつまらなさを克服した人

将棋がつまらなくなる理由が明確になったところで、上記3つへの対策をご紹介します。

つまらない状況をそのままにしていては、より苦しくなってしまいます。

これからご紹介する方法で、メンタルや行動など何かを変えましょう。

負けることへの対策3つ

負けてつまらないことはよくあり、対策はおススメ順に以下3つです。

  • 負けを苦にしない
  • 勝てる相手と指す
  • 勝ち負けから離れる

負けを受け入れるか減らすかです。

負けを苦にしない

強くなりたいなら最もおススメは、負けて苦しくならないようあなたが心構えを変えることです。

なぜなら勝負をすると必ず何割かは負ける、つまり負けは避けられないからです。

  • 反省したら忘れる
  • 自分の好手に目を向ける

僕はこの辺りを実践しています。

負けた瞬間はもちろん辛いですが、負けの苦しさが早く去るようになりました。

好手に目を向けられるようになる感想戦の方法は、下の記事で解説しました。

将棋の感想戦
将棋が強くなる!感想戦の効果2つと上達しやすい方法を有段者が解説

ゆーきゃんアマチュア三段。自分より強い相手や棋力が低い相手と、多く感想戦をしてきました。 級位者さん 感想戦したら強くなれるってホント? 感想戦はどうやればいいの? 感想戦のコツは? 級位者さんのこん ...

続きを見る

勝てる相手と指す

負けを受け入れるのが難しければ、負けそのものを減らす方法もあります。

条件を整えれば、勝ちやすくなりますからね。

例えば対局アプリ「将棋ウォーズ」では対局相手の強さを設定でき、「少し弱い」にすると6割ぐらい勝てると思います。

また無料アプリ「ピヨ将棋」では、AIの強さを40段階で細かく設定でき駒落ちのハンデ戦も可能です。

勝ちやすいよう調整してみましょう。

勝ちやすいアプリを探している方は、以下の記事をどうぞ。

勝ち負けから離れる

負けでシンドくなるのなら、勝ち負けから離れて将棋に触れるのもありです。

なぜなら対局以外でも、将棋を楽しめるからです。

  • 詰将棋
  • 棋譜並べ
  • 観戦

これらではそもそも負けがありません。

高段者で、負け続けるなら少し対局から離れることを勧める方もいます。

この辺りの楽しみ方は、以下で触れました。

強くなれないことへの対策3つ 

強くなれないと感じる方は、2つの考えと1つの行動を試してください。

  • 強くなるには時間がかかることを織り込む
  • 調子は上がったり下がったりすることを織り込む
  • 努力の質を見直す

焦りやストレスが減るはず。

強くなるには時間がかかることを織り込む

誰でも努力をしても、すぐ結果は出ないもの。

自分のものに落とし込むプロセスは、時間が必要だからと僕は考えています。

頑張って3手詰を30題解いた翌日、実戦で1手詰を見落とすといったことが僕もありました 苦笑

1日1時間の努力を、半年続けるまでは今以上には勝てなくてよいと思いましょう。

調子は上がったり下がったりすることを織り込む

調子は波のようなもので上がったら下がり、下がったら上がります。

森内俊之九段のように名人位を何度も獲得したプロでさえ、避けられないようです。

調子が良く勝ちが多い時期から不調に転落すると、落差に焦ってしまいがち。

僕は不調になったら、そのうち好調になるから勝てなくていいやと気楽に構えます。

自分が弱くなっているように感じると心が折れるので、不調期もあると知っておきましょう。

努力の質を見直す

勝てないあるいは強くなれない理由と、改善策を考えましょう。

伸びない事実だけに目を向けると出口がありませんが、すべきことを考えて実行すると不安が減ります。

序盤・中盤・終盤のどこが足を引っ張っているか、どう弱点を克服するかに焦点を当てると良いですよ。

強い人の不親切への対策

通っている将棋教室などコミュニティーの人が不親切なら、その場から離れましょう。

なぜなら他人を変えることはできないからです。

今はアプリなどで手軽に対局できるので、我慢して居心地が悪い空間にいる必要はありません。

ネット対局だけでは寂しい人は、Twitterがおススメです。

Twitterを通した大会も行われており、知り合いを作りやすいはず。

気になる方はTwitter棋戦同盟さんをみて下さい。

将棋を楽しむコツ3つ

将棋を楽しんでいる人

将棋は勝ち負けがあるので、上手くいかない時期はつまらないと感じやすいはず。

以下の3つができると、結果が出ない時期も楽しみやすいと思います。

  • 自分の弱さを受け入れる
  • 他人と比較しない
  • 勝ち以外の楽しさを探す

僕はこの3つでストレスが激減し、将棋の時間も増え上達が早くなりました。

自分の弱さを受け入れる

大悪手をした時など、ため息をつきつつこんな手も指すのが自分と認めるとよいですよ。

自己嫌悪したり怒ってみても、エネルギーを使うだけで改善できるわけではないですからね。

僕はポカ癖があり 苦笑、やたら自己嫌悪してましたが疲れるだけで無駄でした。

弱い部分も自分と受け入れましょう。

他人と比較しない

比べるべきは他の人でなく、3か月前の自分です。

なぜなら過去の努力も環境も違う他人と比べても、意味がないからです。

早く上達する人は目立つので、「彼と比べると自分は才能がないのかな…」などと頭によぎるのが自然ですが。

過去の自分より努力していたり、できることが増えていればOKです。

勝ち以外の楽しさを探す

勝ちに執着すると、将棋がつまらなくなりやすいです。

先に述べたように、必ず負けや不調がある為。

僕は相手に思いもよらぬ絶妙手を指されると、負けるけど楽しくなったりします。

あなたは将棋のどんな点が好きですか?

自分にとっての将棋の楽しさを、常に覚えておきましょう。

将棋の上達方法

将棋が強くなった人

将棋がより強くなると、より楽しめるようになります。

なぜなら奥深さや今まで知らなかった部分を知り、楽しみが増えるからです。

上達の為には、努力の量を増やして質を高めることが必要です。

具体的な方法を、下の記事で解説しました。

まとめ

将棋のつまらなさを撃退

  • 将棋がつまらない理由の多くは、思うように勝てないか強くなれないか、周りの強い人が不親切
  • 負けを苦にしないか、負けを減らすとストレスが減る
  • 調子が悪い時期や結果が出ない時期もあると織り込もう
  • 自分の弱さを受け入れ、他人と自分を比べず、勝ち以外に目を向けると将棋を楽しみやすい

記事の内容を実践すると、あなたは将棋がつまらないと苦しまなくなります。

行動するのが大切ですので、記事で紹介したことを今日1つだけ試して下さいね。

応援しています。頑張ってください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事の情報や上達しやすいノウハウ、やる気を維持する為のプロのエピソードなどをつぶやいていますので、よかったらTwitterのフォローをお願いします。

記事の内容で分かりにくい点や、読んでいて疑問、もっと知りたいことなどあれば、お気軽にお問い合わせよりお伝えください。

今回ご紹介した関連記事は以下となります。

  • この記事を書いた人

ゆーきゃん

将棋を愛しています。 【将棋歴】中学生、クラスで強いけど大会0勝→大学生、努力の仕方がわからず強くなれない→社会人、1級で長く足踏み→初段昇段後は1年で三段。 高校将棋部の外部コーチ、将棋教室運営、県内サークルや道場で多くの級位者さんに指導やアドバイスをしてきました。 沖縄のホテルで働きつつ、初心者・級位者さんの疑問やお悩みを解決、将棋を楽しめるような情報をブログとTwitterで日々発信しています。

-効率よく初段を目指す

© 2022 ゆーきゃんの将棋ブログ Powered by AFFINGER5