効率よく初段を目指す

苦手を克服しよう!将棋の終盤の要素4つと鍛え方、メンタルまで解説

2021年6月19日

ゆーきゃん
アマチュア三段。

終盤が苦手でしたが克服しました。

終盤力に悩む1〜5級の方の疑問を解決する記事を書きました。

記事の内容を知らないと、あなたは今後も終盤で逆転負けを続けてしまうかもしれません…

ご安心下さい。

ご紹介する終盤の要素を理解すれば、適切に終盤力を磨けますよ!

なぜなら記事の内容を通して、僕が終盤を最も得意になったからです。

まず終盤の要素4つと強化する順番、伸ばし方を解説。

対局中の考え方、メンタルの重要性と鍛え方も説明しました。

「すぐに終盤の伸ばし方を知りたい!」というあなたはコチラへどうぞ。

6級以下の方には少し難しいかもしれないので、下の記事も参考にして下さい。

将棋の詰めろ
【将棋は詰めろが大切】終盤のポイント3つと鍛え方3ステップを解説

ゆーきゃんアマチュア三段。多くの初級者さんと指導対局をしてきました。 初級者さん 詰めろと必至はどう違うの? 相手の王様を捕まえられない… 初心者~6級ぐらいの方の、こんな悩みや疑問を解決する記事です ...

続きを見る

終盤の要素4つ

4つの要素がある

将棋の終盤とは、お互いに玉を狙いにいく終わりの部分。

言葉は1つですが、4つの要素に分かれます。

自分は特にどこが苦手か考えつつ、読み進めて下さいね。

  • 囲い崩し
  • 寄せ
  • 詰み
  • 凌ぎ

序盤や中盤も気になる方は、以下の記事をどうぞ。

囲い崩し 

終盤の入口は、相手の囲いを崩すことです。

囲いに手を付ける

図のように敵陣に成り駒ができた辺り。

ここまでは有利なのに、有効な手が指せず攻めの速度が逆転。

囲い崩しが苦手な方は、こんなパターンが多いです。

寄せ

囲いを一部あるいは全て崩したら、寄せの段階。

玉の逃げ道を減らす

図のような局面から、王様を追いつめます。

寄せが苦手だと、敵玉を広い方に逃がしてしまいます。

詰み

対局の最後は、王様を仕留める段階。

敵玉を仕留める

勝ちがあっても、詰ませきれなければ逆転されてしまいます。

時には1手詰が見えず、あんな簡単な詰みを逃すなんて…と嘆く級位者さんも多いですね。

基本の退路封鎖

ちなみに図は7一角9二玉9三香同桂☗8二金まで5手詰でした。

凌ぎ

終盤のもう一つの要素は、自玉の守りです。

敵の攻撃を凌ぐ

ちょっと難しいですが図の局面で、あなたはどう指しますか?

玉の早逃げ八手の得

9二玉や8二玉と早逃げすれば、相手の攻めは続かず勝ちです。

自玉が詰めろだった

と金を寄ってしまうと、詰まされて負け。

凌ぎが苦手だと、相手の無理攻めを切らせず逆転を許すことになります。

 終盤を強化する順番

終盤を強化する順番

終盤の要素は、詰み→寄せ→囲い崩し→凌ぎの順に学ぶのがおススメ。

なぜなら詰みを学ぶのが最も簡単で、強化する過程で読みの力もつくからです。

1~3級で、基本的な詰みは逃がしていなければ寄せや囲い崩しもありかと。

凌ぎは複雑なので、有段者になってからで充分だと思います。

終盤が苦手な級位者さんを見ていると、簡単な詰みを逃している人が多いですね。

弱点を探すのもあり

とはいえ、人によって課題は違うもの。

どこを学ぶべきか迷うなら、あなたの弱点を探しましょう。

同じ級に負けた対局を10局見るのがおススメ。

似たようなミスから負けているはずです。

僕は対局内容を日々記録していますが、敗着にその時の課題が現れますね。

上達に効率的なノートの作り方は、下の記事で解説しました。

将棋ノート
【経験者が解説】上達に効果的な将棋ノートを作るコツと書き方例

ゆーきゃんアマチュア三段。将棋ノートを書き、上達しました。 級位者さん 将棋を記録して、意味あるの? 将棋ノートには、何を書けばいい? 将棋ノートを作るコツは? 主に級位者さんの、こんな疑問を解決する ...

続きを見る

終盤力の伸ばし方4つ

終盤力の伸ばし方

4つの要素を鍛える方法は以下。

  • 詰将棋
  • 次の1手
  • 感想戦
  • 棋譜並べ

詰将棋・次の1手・棋譜並べで引き出しを増やし、感想戦で悪い点を改善できます。

詰将棋で詰み逃しが減る  

詰将棋を解くと、ガッカリな詰み逃しが減ります。

詰みの部分の練習なので、当然ですね。

教え子の小学生は、10級ぐらいの頃から詰将棋を毎日解いています。

指導対局で、徐々に基本的な形では詰ませきることができるようになってきました。

詰将棋についてもっと知りたい方は、下の記事を見て下さい。

適切な詰将棋
あなたに適切な詰将棋解いてますか?初級者~上級者向けおススメ紹介

おススメの詰将棋を教えてほしい! 詰将棋を解いたら上達する? 詰将棋はいつ手数を増やせばいい? あまりお金をかけず詰将棋を楽しむ方法は? ゆーきゃんアマチュア三段。本やアプリを通して、一万題以上詰将棋 ...

続きを見る

次の1手で指し手を思いつけるようになる

次の1手を解くと、実戦で手が見えるようになります。

なぜなら知識があると、似た局面で好手を思いつきやすいからです。

急所を知らず、有効な手が指せない級位者さんは多いですね。

それぞれの要素を伸ばせるおススメ本は以下。

  • 寄せが見える本
  • 全戦型対応!囲いの破り方
  • 凌ぎの手筋200

終盤以外の手筋も次の1手で学びたい方は、下の記事をどうぞ。

将棋の手筋
手が見えるようになる!手筋を学ぶ将棋アプリ4つと学ぶコツまで解説

そもそも手筋って何? 初級者・中級者向けにどんな手筋がある? 手筋を学べる本は? 初段になる為にすべきことは? ゆーきゃん手筋を学びたい級位者さんの疑問を解決する記事を書きました。 アマチュア三段。級 ...

続きを見る

寄せが見える本

僕は森雞二九段『寄せが見える本【基礎編】』(浅川書房)で学びました。

基本問題→応用問題→次のレベルと進むので、分かりやすい。

5手詰が安定して解ける方は、良い学びになると思います。

必至については、下の記事でも解説しました。

将棋で勝率を上げる
将棋は必至を学べば勝率が上がります【失敗しない3ステップを解説】

ゆーきゃんアマチュア三段。多くの失敗を経て、効率の良い上達方法が分かりました。 級位者さん 詰めろと必至の違いは? どうやって必至を学べばいい? どうすれば級が上がる? 級位者さんのこんな疑問を解決す ...

続きを見る

全戦型対応!囲いの破り方

及川拓馬六段の『全戦型対応!囲いの破り方』(マイナビ)で、囲いの急所を学べます。

矢倉・美濃・穴熊をメインにしつつ、その他の囲いにも触れています。

相手の強い部分を攻めて苦労したり、遅い攻めをしてしまうことが僕も級位者の頃よくありました。

囲いの急所を知ってからは、少しずつ効果的な攻めができるようになっています。

凌ぎの手筋200

アマ強豪である金子タカシさんの『凌ぎの手筋200』でギリギリの受けを磨けます。

必至に見える局面から、凌ぐテクニックが満載で驚かされました。

初段以上が対象で、1問1問が相当難しいので注意が必要です。

終盤の他の要素はばっちりで、凌ぎだけがどうしても苦手という方向けかと。

ちなみに僕は、自分の対局を振り返ることで凌ぎの失敗が少なくなったと実感しています。

凌ぎが気になる方は、下の形勢判断の記事も参考にしてみて下さい。

将棋の形勢判断
【級位者もOK】将棋の形勢判断が上達する方法と形勢判断の4要素

ゆーきゃんアマチュア三段。以前は苦手でしたが、正しい形勢判断ができるようになりました。 級位者さん 形勢判断はどうすれば上手くなるの? 形勢判断のポイントは? 級位者さんのこんな疑問を解決する記事です ...

続きを見る

kindle unlimited 

終盤について、kindle unlimitedを使って学ぶ方法もあります。

  • ひと目の詰み
  • 終盤で差がつく 寄せの決め手
  • 「勝ち」に直結する 将棋・終盤の総手筋
  • Zの法則 絶対詰まない終盤の奥義
  • 囲いの崩し方 終盤力養成講座

次の1手ではない本も含め、30冊以上が読み放題

難しい本もありますが、量が多いのであなたに合った本を見つけやすいはず。

本気で上達したい方なら、終盤も含めたくさん棋書が必要です。

月額980円なので毎月本を買う人なら、確実にお得ですよ!

無料期間で、あなたに必要かゆっくり考えるのがおススメです。

Kindle Unlimitedを無料で見る

Kindle Unlimitedのレビュー記事を見る

感想戦で同じミスが減る

対局が終わったら、必ず振り返りましょう。

感想戦を通して自分の悪手を知り、改善できます。

教え子の小学生は、駒落ちの終盤で守りに課題がありました。

そこに自分で気づけてからは、似たような悪手が減っています。

一方で1日10局以上対局するのに、棋力が数年間上がらない方も多いです。

感想戦をせずに、同じミスを繰り返してしまう為ですね。

対局と振り返りはセットにしましょう。

効率の良い感想戦の方法は、下の記事で解説しました。

将棋の感想戦
将棋が強くなる!感想戦の効果2つと上達しやすい方法を有段者が解説

ゆーきゃんアマチュア三段。自分より強い相手や棋力が低い相手と、多く感想戦をしてきました。 級位者さん 感想戦したら強くなれるってホント? 感想戦はどうやればいいの? 感想戦のコツは? 級位者さんのこん ...

続きを見る

棋譜並べで指し手の呼吸を吸収

プロの棋譜を並べると、終盤の攻めや守りのタイミングが身につきます。

お手本を見て、真似できるようになるということですね。

僕は羽生善治九段の棋譜を100局以上並べました。

以前は形勢を損ねると挽回できませんでしたが、勝負手を繰り出すのが上手くなったと実感しています。

棋譜並べには注意点もあるので、興味ある方は下の記事も目を通して下さいね。

成功する棋譜並べ
【初級者OK】将棋の棋譜並べの効果・失敗しない方法と棋譜の選び方

ゆーきゃんアマチュア三段。500局以上の棋譜を並べました。 級位者さん 棋譜並べで上達するの? 棋譜並べって難しくてどうすればいいか分からない… どんな棋譜を並べればいいの? 級位者さんのこんな疑問や ...

続きを見る

終盤の考え方5つ

終盤の考え方

上記の方法で終盤力を鍛えつつ、対局中に以下を考えて指すと勝ちやすいですよ。

  • 玉の守り駒に働きかける
  • 長い詰みより短い必至
  • 有利な時は自然な手
  • 不利になったら戦線拡大
  • 失敗が増えるほど上達できる

玉の守り駒に働きかける

相手の囲いが堅い時は、守備駒から狙いましょう。

いきなりキングはとれねぇだろうよぃ

というお話し。

金や銀を狙う

図の香や銀が一例です。

長い詰みより短い必至

無理に詰ましに行かず、必至をかけると勝率が上がります。

なぜなら相手に駒を渡す手順に読み抜けがあると、逆転されやすいからです。

11手ぐらいで詰みそうだけど、はっきりとは分からない。

そんな時は必至をかけましょう。

プロでも場合によっては、長い詰みより短い必至を選びます。

有利な時は自然な手

終盤で有利だと思ったら、普通の手を選びましょう。

紛れにくくなりますよ。

華麗な捨て駒とかではなく、自然に玉を追い詰めたり駒得を狙う手が勝ちやすいです。

将棋の基本通りに指すのが大切。

不利になったら戦線拡大

逆に不利の場合は、盤面を複雑にしましょう。

なぜなら流れが一本道だと、相手が間違えてくれないからです。

級位者さんで、持ち駒を自陣に投入して粘る方がいます。

しかし受けてばかりだと、と金作りなどゆっくりした攻めでいずれ崩壊してしまいます…

強引だなと思っても、攻めの手を考えることが大切。

攻めと守りの両方を考える必要が生じると、優勢でも相手がミスをするかもしれません。

失敗が増えるほど上達できる

終盤でたくさん失敗すると、あなたは早く強くなれます。

痛い目に合うと、その後の対局で改善しやすい為。

終盤のミスは負けに直結するので、つい安全な手を指したくなってしまいますが。

必要を感じたら、リスクがある手も選びましょう。

森内俊之九段も「敗戦は必要経費」と仰っていますよ。

終盤で不安定なメンタルが引き起こす失敗2つ

メンタルが原因で失敗

将棋で勝つには技術が半分、そしてメンタルも同じぐらい重要です。

なぜなら精神状態が悪いと、あなたの実力を充分に発揮できないからです。

特に終盤で、メンタルの悪さが指し手に及ぼす影響は下記。

  • 悪手が悪手を呼ぶ
  • チャンスを逃す

悪手が悪手を呼ぶ

失敗の直後に、更なる悪手を重ねるのがよくあるパターン。

動揺し、頭の中が真っ白になってしまう為ですね。

通常最初の悪手は挽回可能だけど、2度目の悪手で負けが決まるもの。

メンタルが悪いとミスにミスが重なります。

チャンスを逃す

悲観しすぎると、逆転の機会を失います。

なぜならチャンスが訪れていても、気づけないからです。

級位者さんと指導対局をして、終盤で僕が少し駒得など1本取ることがあります。

そこまでは有段者ばりの指し回しだったのに、一気に崩れてしまう方もしばしば。

諦めたらそこで試合終了ですよ…?

将棋のメンタルの鍛え方2つ

メンタルの鍛え方

あなたが努力した成果を対局でしっかり出す為に、メンタルを鍛えましょう。

具体的な方法は以下。

  • 悪手をしたら深呼吸
  • 対局後に精神状態も振り返る

悪手をしたら深呼吸

失敗をしてしまったら、一旦落ち着きましょう。

焦ると更に形勢を損ねてしまいます。

僕は一瞬盤から目を離し、羽生九段の「玲瓏(れいろう)」という言葉を思い浮かべつつ深呼吸しています。

盤の4スミを見る人もいるようです。

動揺や焦りを引きずらないように、気持ちをリセット。

対局後に精神状態も振り返る

終局したら、指し手だけでなく心の動きも振り返りましょう。

AIで解析すれば換わりの指し手は分かりますが、精神状態が悪いと同じミスをしてしまいますよ。

  • 相手をナメていた
  • 悲観しすぎた

気をつけていても、有段者の僕も上記のような心理から悪手を指すことがあります。

メンタルが原因で崩れてないか、要確認です。

まとめ

終盤の強化

  • 終盤の要素は囲い崩し・寄せ・詰み・凌ぎの4つ
  • 詰み→寄せ→囲い崩し→凌ぎの順で学ぶか、弱点から取り組もう
  • 詰将棋・次の1手・感想戦・棋譜並べで終盤を強化できる
  • 終盤の入り口では玉の守り駒に働きかけ、長い詰みより短い必至で勝ちやすい
  • 失敗を恐れず、有利な時は自然な手・不利な時は戦線拡大がおススメ
  • 悪手が悪手を呼び、悲観しすぎてチャンスを失うことがある
  • ミスの直後に冷静になることを心掛け、対局後は精神状態も振り返ろう

終盤の要素を理解し、今の自分に必要な点から強化しましょう。

メンタルにも気をつければ、終盤への苦手意識がなくなります。

行動するのが大切ですので、読み終えたらあなたの課題を考えてみて下さいね。

応援しています。頑張ってください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事の情報や上達しやすいノウハウ、やる気を維持する為のプロのエピソードなどをつぶやいていますので、よかったらTwitterのフォローをお願いします。

記事の内容で分かりにくい点や、読んでいて疑問、もっと知りたいことなどあれば、お気軽にお問い合わせよりお伝えください。

今回ご紹介した関連記事は以下となります。

読み放題のお申し込みはこちらから。

Kindle Unlimitedを無料で見る

  • この記事を書いた人

ゆーきゃん

将棋を愛しています。 【将棋歴】中学生、クラスで強いけど大会0勝→大学生、努力の仕方がわからず強くなれない→社会人、1級で長く足踏み→初段昇段後は1年で三段。 高校将棋部の外部コーチ、将棋教室運営、県内サークルや道場で多くの級位者さんに指導やアドバイスをしてきました。 沖縄のホテルで働きつつ、初心者・級位者さんの疑問やお悩みを解決、将棋を楽しめるような情報をブログとTwitterで日々発信しています。

-効率よく初段を目指す

© 2022 ゆーきゃんの将棋ブログ Powered by AFFINGER5