定跡を簡単に学ぶ

サクッと整理!後手の指し方に応じた横歩取り勇気流2通りを解説

2021年12月26日

ゆーきゃん
勇気流を学びたい、1〜3級ぐらいの方の疑問を解決できる記事を書きました。

アマチュア三段。横歩取りが超好きで多く指しました。

勇気流の対策や注意点を知らないままだと、横歩取りで負けまくるかもしれません…

ご安心ください。

戦法の大枠を知っていると、焦らず効率よく学べますよ!

僕は戦法の体系を学び1つ1つ抑えることで、知識の穴が減り勝率が上がりました。

まず勇気流の特徴3つと、出だしの基本手順を紹介。

次に後手の対策2つと、定跡外の形2つを解説。

勇気流を学ぶ際の注意点3つ青野流との比較、もっと知る為の棋書などにも触れました。

「すぐ手順について知りたい!」という方は、勇気流の序盤どうぞ!

なお4級以下の方に勇気流をおススメしない理由は、記事内で説明しています。

勇気流の特徴3つ

勇気流の特徴

一路の違いで戦法の名前が変わる

5八玉型の横歩取り青野流と、一路違う6八へ玉を上がるのが勇気流。

佐々木勇気七段(2021年現在)の研究でその名がつきました。

青野流と共に定跡への貢献が認められ、升田幸三賞を受賞しています。

玉を1マス違う場所に動かすだけで、違う戦法になるのが将棋の面白さですね。

特徴は以下の3つ。

  • 先手の作戦
  • 積極的
  • マイナー

先手の作戦

勇気流は、先手で使えます。

横歩取りの手順は特徴があり、後手では同じように指せない為です。

矢倉や対振り飛車は、先手でも後手でもある程度同じ作戦を使えますよね。

一方で勇気流は、先手のみで指せます。

積極的

勇気流は、横歩取りの先手としては積極的に指せます。

なぜなら通常より、手損が少ないから。

メリットとデメリットがある

横歩取りは先手が一歩得する代わりに手損しており、後手の作戦に合わせることが多いもの。

一方で飛車を3四から動かさない勇気流は、後手に合わせず先攻しやすいです。

マイナー

勇気流は、指す人が少ないです。

似た狙いの青野流が、優秀な為ですね。

プロでも佐々木七段以外で指す人は、あまりいないとか。

使い手が少ない戦法です。

青野流から学ぼう

級位者さんは、青野流から先に学ぶのがおススメ。

なぜならお手本が比較的多いからです。

定跡書やプロの棋譜を、青野流の方が探しやすいですよ。

横歩取りの先手ながら攻めやすいのは、どちらも同じ。

勇気流は青野流を既に学んだか、人と違うことをやりたい方向けです。

青野流の概要を知りたければ、下の記事をどうぞ。

横歩取り青野流
【横歩取り】青野流で勝つ!後手の有力な手3つへの対策を簡潔に解説

青野流の特徴は? 手順は? 後手の対策も知りたい! 勇気流と何が違うの? もっと学ぶには? ゆーきゃん青野流を学びたい、1〜3級ぐらいの方の疑問を解決できる記事を書きました。 アマチュア三段。横歩取り ...

続きを見る

4級以下にはおススメしない

4級以下の方は、相居飛車の他の戦型から学んだ方が良いですよ。

なぜなら勇気流は実戦で使える頻度が低いからです。

  • 対振り飛車だとできない
  • 後手番だとできない
  • 先手番でも横歩取りを避けられるとできない
  • 相手が横歩取りを選んでも途中で変化される可能性あり

よくやられる戦型、相手に影響されず指しやすい形から学びましょう。

4級以下の方におススメな矢倉や角換わりは、以下の記事で解説しました。


勇気流の序盤

勇気流の序盤

勇気流の出だしと成功例、覚えておきたい後手の指し手を紹介しますね。

横歩取りの基本形

3三角戦法とも呼ばれる

図が横歩取りの基本。

後手が3三に角を上がるので、3三角戦法とも呼ばれますね。

ここまで来れば、勇気流を指せます。

7六歩3四歩2六歩8四歩から始まり、大半は図まで進むでしょう。

ここまでの手順や3三角以外の手も知りたい方は、下の記事をどうぞ。

空中戦
【級位者向け】横歩取りの概要を先手と後手に分けて整理、良書も紹介

横歩取りってどんな戦型? 先手でどう指せばいい? 後手は? 横歩取りのコツを知りたい! 分かりやすい定跡書を教えて!   ゆーきゃん横歩取りを何から学べばよいか分からない、級位者さんの疑問を ...

続きを見る

成功例:桂を跳ねる

勇気流の狙いを知る為に、成功例をご紹介しますね。

☖3三角に、☗6八玉とするのが勇気流です。

玉は6八へ

飛車を3四から動かさず、主導権を握るのがコンセプト。

☖2二銀☗3六歩☖5二玉☗3七桂と、足早に攻めの準備をします。

飛車を動かさず攻める準備

☖7二銀なら☗4五桂で、一丁上がり。

角が逃げられない

角を逃げると☗3八飛成があるので、後手は角を動かせません。

左右の桂馬を跳ねる形になれば、攻めが繋がりやすいです。

馬を作られてもOK

勇気流では、後手から馬を作られる順があり先手は防げません。

結論から言うと、先手が悪くはならないので安心して下さい!

勇気流を示す6八玉に、8八角成同銀2七角。

相手が選んだら防げない

6八玉型なので金取りになっており、3八銀4五角成で馬を作られ気持ち悪いですが。

強力な馬ができる

2四飛が切り返しです。

先手が取れる

2一飛成の先手で、7七角・7五角の狙いがあるので問題ありません。

例えば2三歩なら2五飛で一度馬に当て、その後7七角という感じ。

勇気流対策1:横歩を取る 

勇気流対策

ここからは定跡を簡単に説明します。

もっと学びたくなったら、後でご紹介する定跡書で学んでくださいね!

後手の指し方の1つは、☗6八玉に☖7六飛と横歩を取る順。

後手も横歩を取る

積極的に得をしようとしており、級位者さんが多く選びそうな気がします。

その後の流れでおススメは以下。

  1. 陣形整備
  2. 8二歩から手を作る
  3. 馬を軸に左右を狙う

1.陣形整備

まずは3六歩8六飛3七桂で攻めの形を作りましょう。

先に攻撃態勢を作る

8六飛と戻った形は、後に7六桂のような筋が生まれているので注意して下さい。

続いて後手は2二歩。

発見された好手

2020年頃に見つかったこの手が好手で、先手の角や飛車のラインを防いでいます。

9六歩6二銀3八銀(右図)4一玉と、自陣を整えましょう。

自陣を整える

2.8二歩から手を作る

動くのは8筋からで、8二歩同飛8三歩同飛8四歩(右図)8二飛。

飛車を抑える

先手を取りつつ飛車先を抑え、準備ができました。

3三角成同桂8三角と打ち込みます。

しばしば見られる手筋

3.馬を軸に左右を狙う

金取りを防ぐ7一金に、6五角成がまた先手。

次に8三歩成がある

7二金に6六馬が好位置です。

両にらみの馬

以下は3三角成や、3五飛~8五飛~5六馬を狙いましょう。

主流は8四飛

ただし上記の順でそのまま進むと、プロの感覚では先手の攻めが重いそうです。

そこでプロだと、7六飛に3六歩ではなく8四飛が主流。

8四飛がプロでは多い

以下8二歩3三角成同金。

金の位置が悪いと主張

3三金が悪形と見て、じっくり指して下図が定跡となっています。

持久戦の変化

すぐ攻められないなら、級位者さんは青野流の方が良いのかなと思います。

勇気流は定跡化が進んでおらず、力戦模様になりそうなのが理由です。

なお8四飛に8八角成同銀9五角は王手飛車でハッとしますが。

王手飛車は歓迎

7七歩が飛車取りで、先手も戦えます。

駒損しない

勇気流対策2:玉形整備

勇気流対策

後手は7六歩を取らず、6八玉に4一玉と玉形を整える手もあります。

強敵4一玉

この手が強敵で変化が多く、記事の説明は最低限です。

勇気流をメインに指したい方は、後でご紹介する『横歩取り 後手番の逆襲』も読んで下さい!

流れは以下。

  1. 陣形整備
  2. 飛車を移動、8筋を受ける
  3. 3筋の歩を伸ばす
  4. 攻めを受け流し、反撃

1.陣形整備

先手は先ほどの変化と同じように、3六歩4二銀3七桂2二歩3八銀(右図)6二銀。

まずは攻撃の形を整える

4五桂と跳ねられるようにしてから、金銀を連結させるのが勇気流の基本です。

2.飛車を移動、8筋を受ける

とはいえ4一玉型では桂が跳ねにくいので、3五飛と引きます。

飛車を立て直す

更に☖8二飛に2五飛で、飛車を2筋へ。

2筋で攻防に利かせる

8六歩の垂らしに8五歩と受け、後手は陣形整備の5一金。

8七歩成は許せない

飛車角交換は、多分指しにくい

8二飛に8七歩と受ける変化もあります。

自然な歩

以下8八角成同銀2八角。

空いた2筋に角を打たれる

更に3八飛成同玉2九金と進めます。

角の捕獲が用意の切り返し

3七角成同銀で飛車角交換となり、定跡では互角。

先手は駒得だが

しかしその後の先手の指し方が難しく、級位者さんは選ばない方が良いと感じました。

3.3筋の歩を伸ばす

戻って8五歩で飛車先を受けた後、5一金に3五歩がポイントです。

飛車の横利きを自らなくす

飛車の横利きが止まった為、☖8八角成同銀8五飛とされてしまいますが計算のうち。

当然歩を払う

7七桂8二飛3四歩で、歩を伸ばせたのが大きいと見ています。

大きな拠点

4.攻めを受け流し、反撃

後手の攻めに対する応手と形勢判断を、しっかり覚えていてください。

8七角が怖い手ですが、6六角でOK。

攻防の角

以下☖7八角成同玉8七金6八玉8八金が自然です。

破られたようだが

守備が崩壊したようですが、後手の攻めが重いと考えましょう。

その後は☗8三歩同飛5六角。

飛車の侵入を防ぐ

後手の攻めを遅らせて、2二角成同金同飛成の狙いでいい勝負です。

定跡以外の勇気流の形2つ

その他の勇気流

整備されている定跡は以上ですが、他に2つの形をご紹介しますね。

  • 後手から2三銀
  • 6八玉型にこだわる

必ず覚える必要はないですが、引き出しになり何かのヒントになるかも。

後手から2三銀

定跡順ではないですが、後手で2二銀~2三銀とする人もいそうです。

具体的には、6八玉2二銀3六歩2三銀。

8四飛車では定跡形

2三銀の形は部分的にはよく見るので、思いつく相手はいるかと。

この手には3三飛成同桂7七角打があります。

角を重ねる

次に3三角成となると駒得が拡大し、優勢です。

7七角打に8八飛成が最善ですが、同銀。

先手は指したい手が複数

以下は2一飛・2四歩・8四歩などの狙いがあります。

6八玉型にこだわる

プロで多い変化

後手が横歩を取る変化は、プロでは図の8四飛の変化が主流とお伝えしました。

8二歩3三角成同金の後は、王手飛車を避けて☗5八玉と戻るのが定跡。

角のラインを避ける

しかしアマチュアの研究で、6八玉型のまま戦う方法があるっぽいです。

玉を動かす手を省略できるものなら、したいですよね。

アマ六段の二歩千金さんの有料Note(¥100)で解説されているようです。

人と違った道を好む人には楽しいかも。 

勇気流の注意点2つ

勇気流の注意点

勇気流を指すなら、以下2点を押さえておいてください。

  • 超急戦対策
  • 後手番の作戦を決める

やるべきことが明確だと、上達が早いですよ!

超急戦対策

後手の横歩取り超急戦は、一通り学んでおきましょう。

なぜなら相手の選択となり、あなたの意志で避けることはできないからです。

角成りが合図

横歩を取った手に、☖8八角成とされると、超急戦。

よく使われるのは2つ

比較的多いのは、4五角と相横歩取りという印象です。

高橋道雄九段の『超急戦横歩取り』(将棋最強ブックス)で僕は学びましたが、簡単にまとまっておりおススメです。

4五角が苦手な方は、下の記事をどうぞ。

4五角対策
もう苦しまない!横歩取り4五角の手順整理&避ける方法まで解説

4五角になぜ勝てない… どうすれば苦しみがなくなる? 4五角の狙いは? 対策は? 知っておくべき変化は? 4五角を避ける方法を教えて! もっと学ぶには? ゆーきゃん4五角に苦しむ級位者さんのお悩みを解 ...

続きを見る

後手番の作戦を決める

後手になったら、何を指しますか?

勇気流は先手の作戦なので、別に準備が必要です。

  • 8四飛
  • 8五飛
  • 超急戦
  • 横歩取りを避ける

選択肢はこのあたりかと。

毎回なんとなく指すのではなく、決めておいて集中的に使うと上達が早いですよ。

プロでは8四飛が多く、8五飛はより積極的。超急戦は県代表クラスになると通じない変化球という感じです。

青野流との違い2つ

勇気流と青野流

飛車はそのまま

最初にお伝えしたように、勇気流と一路違いは青野流と呼ばれます。

違いは以下の2点。 

  • 王手飛車の筋なし 
  • 横歩を取られると後手を引く

特性を知っていると、どちらを使ってもミスをしにくいでしょう。

王手飛車の筋なし

青野流は、9五角が王手飛車になりません。

王手飛車のラインがない

5八玉型だと、角のラインを気にする必要がありませんよね。

安心して☗8四飛と回れますし、後から玉を動かすのも絶対ではありません。

常に注意しなくて良いのは、かなり楽になると思います。

横歩を取られると後手を引く

ただし良いことだけではありません。

後手に☖7六飛と横歩を取られると、対応が必要です。

対応が必要

次に8八角成を許しては、敗勢ですからね。

指し手が限定か自由かの違いは大きく、勇気流だと☗3六歩など1手多く攻めの準備ができます。

勇気流を学べる棋書3選+α 

勇気流を学べる本

勇気流をもっと学びたい方は、以下の定跡書があります。

  • 横歩取り勇気流
  • 横歩取り 後手番の逆襲
  • 横歩取りの最重要テーマ

定跡書の効率的な使い方は、下の記事で解説しました。

初級者もできる!実戦に役立つ将棋定跡の選び方と覚え方

ゆーきゃんアマチュア三段。40冊以上の定跡書を読み試行錯誤する中で、実戦に活かせる覚え方が分かりました。 初級者さん 定跡を覚えられない。 定跡はどう学び始めればいいの? 定跡書はどう読めばいいの? ...

続きを見る

横歩取り勇気流

本家の佐々木勇気七段が、『横歩取り勇気流』(浅川書房)を書いています。

内容は、かなり難しい(私アマ五段)。

引用元:アマゾンレビュー

難しいという評価が多く、有段者向けかと。

盤駒を使ったり、繰り返し読むと良いと思います。

佐々木七段の熱意が詰まっており、藤井聡太四段(当時)の連勝を29で止めた有名な対局の自戦記もあるとのこと。

created by Rinker
¥1,980 (2022/11/30 06:49:26時点 楽天市場調べ-詳細)

横歩取り 後手番の逆襲

上村亘五段の『横歩取り 後手番の逆襲』(マイナビ)は、タイトル通り後手の目線で書かれています。

とはいえ勇気流は先手の作戦なので、違和感はないはず。

僕も読みましたが、読み辛さはなかったですね。

後手に肩入れしているのが、ちょっと嫌かも 笑

created by Rinker
¥1,804 (2022/11/29 09:50:41時点 楽天市場調べ-詳細)

横歩取りの最重要テーマ

八代弥七段の『横歩取りの最重要テーマ』(マイナビ)でも、勇気流が扱われているようです。

勇気流の方ですが(青野流の)半分の20ページくらいですね。

引用元:アマゾンレビュー

他の形も学べます。

複数のレビューから、難しそうな印象です。

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedなら、横歩取りの棋書が数冊読み放題。

『後手番の逆襲』は含まれていますよ!

横歩取り全体を学びたい方は、所司和晴七段の『横歩取り定跡ガイド』などおススメ。

月額980円なので将棋の本を毎月買うなら、確実に元を取れますよ!

無料期間で利用しながら、ゆっくり考えるのがおススメ。

 

激指

「横歩取りだけでなく、自分が指す戦型の定跡は全体的にしっかり学びたい。 」

そんなあなたには、有料PCソフト「激指 定跡道場4」がおススメです。

数十冊分の定跡が解説されている上に、プロレベルのAIと対局できますよ!

しっかり解説

横歩取りの全17勝のうち、1章を使って勇気流もしっかり解説されています。

気になった定跡をすぐ調べられるので、序盤で崩されてボロ負けするのが減りますよ!

次から次へと、定跡書を買わなくてよくなります。

僕は監修の所司和晴七段の著書を読みましたが、わかりやすく実戦に活かせる実感がありました。

またプロレベルのAIとの対局・解析を通して、指し手がよくなり勝率が上がりますよ。

導入した級位者さんが、周りの人より早く上達するのをしばしば見ます。

定跡を学び本気で強くなりたい方には、イチオシです。

激指定跡道場4を無料で見る

激指定跡道場4のレビュー記事を見る

その他の学び方2選

勇気流の学び方

しっかり学ぶなら定跡書ですが、サクッと知りたいなら以下の方法もよいでしょう。

  • You Tube
  • Webページ

You Tube

You Tubeでは将棋チャンネルが多く、勇気流の動画も複数見つかりました。

  • 【ウォーズ七段の実況研究】shodan7
  • 将棋情報局
  • 元奨励会員アユムの将棋実況 

例えば上記。

You Tubeは本より負担が少なく、解説者の感情なども伝わるのが良い点ですね。

動画で「勉強した気」にならないよう注意しつつ、見るとよいかと。

Webページ

僕の記事以外でも、複数のページで勇気流を扱っています。

ちょっと面白かったのが、棋書ミシュランさんの『横歩取り勇気流』紹介ページ

図になっている

レビューをしつつ、変化が表になっています。

簡単に概要を掴むには、良いかもしれませんね。

まとめ

勇気流

  • 勇気流は先手で積極的に指せるが、マイナー
  • 3四飛型で☗4五桂を跳ねれば成功で、馬を作られる変化もある
  • 後手が横歩を取る変化は、馬を中央に配置しよう
  • すぐ☖4一玉の変化では、攻めを受け流して反撃
  • 後手から☖2三銀や、6八玉にこだわるアマ研究もあり
  • 超急戦対策と、後手番の作戦も考えよう
  • 青野流は王手飛車の筋がないが、☖7六飛に対応が必要
  • 『勇気流』『後手番の逆襲』『最重要テーマ』で学べる
  • You TubeやWebでサクッと概要を知るのもあり

後手の対策を踏まえ、手順を整理しましょう。

相手の指し手にあわてず、勇気流を楽しめますよ!

行動するのが大切ですので、今日から青野流を指して下さいね。

「自分が指す戦型はしっかり学び、本気で強くなりたい!」

というあなたは、激指定跡道場4を使って効率的に上達する方法もチェックしましょう。

応援しています。頑張ってください!

最後までお読みいただきありがとうございました。

上達のきっかけは、こちらから。

Kindle Unlimitedを無料で見る

激指定跡道場4を無料で見る

created by Rinker
¥1,980 (2022/11/30 06:49:26時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥1,804 (2022/11/29 09:50:41時点 楽天市場調べ-詳細)

  • この記事を書いた人

ゆーきゃん

将棋を愛しています。 【将棋歴】中学生、クラスで強いけど大会0勝→大学生、努力の仕方がわからず強くなれない→社会人、1級で長く足踏み→初段昇段後は1年で三段。 高校将棋部の外部コーチ、将棋教室運営、県内サークルや道場で多くの級位者さんに指導やアドバイスをしてきました。 沖縄のホテルで働きつつ、初心者・級位者さんの疑問やお悩みを解決、将棋を楽しめるような情報をブログとTwitterで日々発信しています。

-定跡を簡単に学ぶ

© 2022 ゆーきゃんの将棋ブログ Powered by AFFINGER5